休眠口座について考えるための情報サイト kyumin.jp

休眠口座トピックス

10月20日ピックアップ告知

休眠預金未来構想PF第5回全体会合の開催について(告知)

下記の通り、休眠預金未来構想PFの第5回全体会合を開催します。

日時:2017年11月17日(金)13:00-15:00
場所:場所:ベルサール飯田橋駅前

会場手配・資料印刷の関係上、オブザーバーとしてご参加を希望される方は、事前に下記のフォームからお申し込みをお願い致します。

以上です。

10月20日ピックアップ報告

休眠預金未来構想PF 第4回全体会合の開催について(報告)

休眠預金未来構想プラットフォームの第4回全体会合を開催しました。

2017-09-06 17 38 20.jpg

時:2017年9月6日(水)16:00-18:00
場所:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビル401号室
主なアジェンダ:
1.内閣府 休眠預金等活用審議会の進捗状況の共有
2.各分科会の開催状況の共有
3.3分科会リーダー合同MTGを踏まえたディスカッション

■アジェンダ1について
休眠預金等活用審議会の進捗状況について、内閣府から公表されている各種資料を基に、進捗状況の共有を行いました。

■アジェンダ2について
第2回全体会合以降に開催された各分科会での議論について、各分科会のリーダー・サブリーダーより共有を行いました。
各分科会の開催状況は以下の通りです。
指定活用団体分科会 :7/19(水)、8/28(月)
資金分配分科会 :7/27(木)
評価分科会 :―

■アジェンダ3について
指定活用分科会および共同事務局からの提案を基に、休眠預金活用推進に関する論点(主に指定活用団体について)、議論を行いました。

2017-09-06 17 38 35.jpg

第4回全体会合の議事概要はこちらです。


次回会合は11月を予定しています。

9月24日告知

休眠預金の活用に関する審議会の「中間的整理」を読む会のお知らせ

休眠預金の活用に関する審議会の「中間的整理」を読む会
―市民活動支援のあり方を考える立場からー
 
■日程:9月28日(木)16:00-18:00
■場所:フクラシア品川高輪口会議室 https://www.fukuracia.jp/shinagawa2/access/
■定員:50人
■資料代:1,000円(日本NPOセンター正会員は2名まで1人500円)
■実施主体:休眠預金活用を考えるNPO支援センタータスクチーム(事務局:日本NPOセンター)
■お申し込み先:http://bit.ly/2jsT69w
■趣旨:
NPO法制定から来年で20年。この間、市民活動の幅は広がり、その取り組みによって、行政の施策や市場サービスのあり方に変化をもたらすような事例も見えるようになりました。こうした取り組みをより推進するために、成果を可視化する手法の検討も進んでおり、社会からの期待も高まっています。
一方で、こうした動きは短期的で可視化しやすい成果が重視される風潮にもつながります。特に施策化や市場化がそぐわない社会課題に対して、いかに長期的に持続可能な形で活動していくかは、多くの市民活動団体が苦労していることでもあります。
 
2019年に運用が始まる休眠預金活用法においても、「既存の行政では対応困難な社会的課題の解決を図る」ための取り組みを支援することを主旨としています。休眠預金の運用に関して、基本方針を策定する審議会が4月に立ち上がっており、9月12日に「休眠預金等活用審議会における議論の中間的整理」が発表され、地方公聴会が全国5箇所で実施されます。http://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/shingikai_index.html
この制度への一定の期待がある一方で、これだけで全てを解決することは望めません。
 
今回の学習会では、「休眠預金等活用審議会における議論の中間的整理」について、市民活動支援をしているさまざまな立場から読み、短期的に成果を表現しにくい、既存の行政では対応困難な社会的課題の解決を図る市民活動を、支え、育むための方策について検討します。
 
*休眠預金等活用法に関しては、内閣府のHP (http://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/index.html)に詳細が掲載されています。
 
■登壇者:
・基調発題          吉田建治      日本NPOセンター 事務局長
・審議会議論のご紹介 岸本幸子さん       パブリックリソース財団 代表理事・専務理事
・パネルディスカッション
岸本幸子さん           パブリックリソース財団 代表理事・専務理事
横田能洋さん           特定非営利活動法人 茨城NPOセンター・コモンズ 代表理事
奥田裕之さん           特定非営利活動法人 まちぽっと 事務局長
・コーディネーター 今田 克司 日本NPOセンター常務理事
 
タイムスケジュール:
 
受付(15:40~)
16:00 ■主旨説明と基本整理
吉田 建治(日本NPOセンター事務局長)
 
16:20 ■審議会での議論のご紹介、市民活動支援としてどう中間的整理を読み説くか。
岸本 幸子さん(パブリックリソース財団 代表理事・専務理事/審議会専門委員)
 
16:50 ■パネルディスカッション
テーマ:「短期的に成果を表現しにくい、既存の行政では対応困難な社会的課題の解決を図る市民活動を、支え、育むための方策 ―休眠預金等活用法でできること・できないことー」
<助成をする立場から>
岸本幸子さん(パブリックリソース財団 代表理事・専務理事)
<地域で支援をする立場から>
横田能洋さん(特定非営利活動法人 茨城NPOセンター・コモンズ 代表理事)
<協同の仕組みから融資や助成をする立場から>
奥田裕之さん(特定非営利活動法人 まちぽっと 事務局長)
コーディネーター 今田 克司 (日本NPOセンター 常務理事)
 
18 :00          終了

8月06日告知

休眠預金未来構想PF 第4回全体会合の開催について(告知)

下記の通り、休眠預金未来構想PFの第3回全体会合を開催します。

日時:2017年9月6日(水)16:00-18:00
場所:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビル401号室
最寄り駅:渋谷駅(徒歩3分)

会場手配・資料印刷の関係上、オブザーバーとしてご参加を希望される方は、事前に下記のフォームからお申し込みをお願い致します。

以上です。

7月06日ピックアップ報告

休眠預金未来構想PF 第3回全体会合の開催について(報告)

休眠預金未来構想プラットフォームの第3回全体会合を開催しました。

2017-07-03 16 47 56.jpeg

日時:2017年7月3日(月)10:00~12:00
場所:ベルサール九段下会議室
主なアジェンダ:
1.内閣府 休眠預金等活用審議会の進捗状況の共有
2.各分科会の開催状況の共有
3.3分科会リーダー合同MTGを踏まえたディスカッション


■アジェンダ1について
休眠預金等活用審議会の進捗状況について、内閣府から公表されている各種資料を基に、進捗状況の共有を行いました。

■アジェンダ2について
第2回全体会合以降に開催された各分科会での議論について、各分科会のリーダー・サブリーダーより共有を行いました。
各分科会の開催状況は以下の通りです。
指定活用団体分科会 :6/1(木)
資金分配分科会 :5/30(火)、6/24(土)
評価分科会 :6/1(木)、6/30(金)

■アジェンダ3について
6/16(金)に開催された3分科会リーダー合同MTGの結果を踏まえ作成された、共同事務局からの提案を基に、休眠預金活用推進に関する論点(主に資金分配団体について)、議論を行いました。

第3回全体会合の議事概要はこちらです。

次回会合の予定は、追って掲載致します。

6月09日報告

休眠預金未来構想PF 各分科会の開催状況について(報告)

休眠預金未来構想PFでは、第2回全体会合の開催結果を踏まえ、下記3つの分科会でそれぞれ議論を行いました。

各分科会の開催日程および主なアジェンダは以下の通りです。

 

■第2 指定活用団体分科会:61日(木)

・第1回審議会開催結果の共有

 ・休眠預金における指定活用団体のあり方について

 

■第3 資金分配分科会 530日(火)

・第1回審議会開催結果の共有

・資金分配団体の選定や育成のあり方について

 

■第2 評価分科会        61日(木)

・第1回審議会開催結果の共有

 ・休眠預金における「評価」課題の構造の整理について

 

また、休眠預金未来プラットフォームの運営について、共同事務局会議を以下の通り開催しました。

■共同事務局会議   :61日(木)

 ・第1回審議会開催結果の共有

 ・未来構想プラットフォームの運営スケジュール等について

 

今後開催が予定されている審議会の動向も見守りながら、引き続き関係者相互の意見交換に努めます。

5月24日告知

休眠預金未来構想PF 第3回全体会合の開催について(告知)

下記の通り、休眠預金未来構想PFの第3回全体会合を開催します。

日時:2017年7月3日(月)10:00~12:00
場所:ベルサール九段Room1

〒102-0073
東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル3・4F ベルサール九段

会場手配・資料印刷の関係上、オブザーバーとしてご参加を希望される方は、事前に下記のフォームからお申し込みをお願い致します。

5月24日ピックアップレポート

休眠預金未来構想PF 第2回全体会合の開催について(報告)

休眠預金未来構想PFの第2回全体会合を開催しました。

日時:2017年5月16日(月)10:00~12:00
場所:ベルサール飯田橋駅前会議室
主なアジェンダ:
・各分科会の開催状況の共有
・未来構想PF運営ルールについて
・審議会への提案ペーパー及び提言書について

全体会合では、第1回全体会合以降設置された各分科会での議論について、共有が行われました。各分科会の開催状況は以下の通りです。
指定活用団体分科会 :4/20(木)
資金分配分科会 :4/13(木)4/22(土)
評価分科会 :4/28(金)

第2回全体会合の議事概要はこちらから覧下さい。

今後開催が予定されている審議会の動向も見守りながら、引き続き関係者相互の意見交換に努めます。

20170524_1.jpg

20170524_2.JPG

5月01日ピックアップ独自記事

英国の休眠資産委員会発表のレポート「休眠資産への挑戦:投資家及び社会利益のための提言」が公開されました。

2017年3月3日に、英国の休眠資産委員会(Dormant Assets Commission)がポート「休眠資産への挑戦:投資家及び社会利益のための提言(Tackling dormant assets - Recommendations to benefit investors and society)」を公開しました。
Big Society Capital の前CEOであるNick O'Donohoe氏が委員長となり、休眠預金以外の休眠財産へ制度の拡張について検討した結果の報告や、英国以外の国における休眠資産を活用する制度の対比がされており、テクニカルな内容ではありますが、今後日本が制度を具体化していくにあたって有用な情報が多く含まれております。
以下のURLより入手できますので、ぜひご一読ください。

2月06日ピックアップ独自記事

休眠預金「未来構想」プラットフォームが設立されました!

2017年2月2日に休眠預金法成立イベント~おめでとう休眠預金、そしてこれからどうなる!?~が議員会館にて開催されました。
議員連盟の会長である塩崎恭久厚生労働大臣、休眠預金法の担当となった加藤勝信内閣府担当特命大臣など多くの関係議員のみなさまご列席のもと、「休眠口座国民会議」の解体と「休眠預金未来構想プラットフォーム」の設立が宣言されました。
今後はプラットフォームを通じて内閣府での議論と並行して広く民間の意見を終結し、真に世の中に役に立つ精度設計に向けて活動してまいります。


ブログTOPへ      

ページの先頭へ戻る

休眠口座白書 Slideshare

休眠口座白書(Slideshare)

動画で見る休眠口座 YouTube

休眠口座を知っていますか?

休眠口座を知っていますか?

最新のお知らせ

9月03日

休眠預金未来構想プラットフォーム アドバイザリーコミッティメンバーを公開しました。

2月06日

休眠預金「未来構想」プラットフォームが設立されました!

11月07日

◎休眠預金法案成立まで、あとわずか!緊急院内集会のお知らせ

休眠口座トピックス

10月20日ピックアップ告知

休眠預金未来構想PF第5回全体会合の開催について(告知)

10月20日ピックアップ報告

休眠預金未来構想PF 第4回全体会合の開催について(報告)

9月24日告知

休眠預金の活用に関する審議会の「中間的整理」を読む会のお知らせ

Twitter #休眠口座