休眠口座について考えるための情報サイト kyumin.jp

休眠口座の海外での活用例

アイルランドがいち早く活用

2003年に「休眠預金基金」が設立され、2005年には休眠預金(改正)法により、「休眠預金基金」の活用までの手続きや活用分野などが設定されました。
移管した資金を福祉などの事業に使う制度があります。

イギリスにおける、休眠口座のお金の流れ

イギリスには、銀行からお金を受け取る「請求基金(Reclaim Fund)」と、社会事業へ貸付を行う「休眠口座基金(Big Society Capital)」の2つがあります。

銀行と請求基金は、法的な取り決めを結んでいます。銀行は、CSRや社会的評価を受ける点などでメリットがあると考え、こうした活動に参加しています。
まずは、銀行から請求基金へ休眠口座の預金が移管されます。この時、預金者の個人情報などは一切移管されません。あくまでも、請求基金の第一目的は"預金者の保護"とされています。
そして、請求基金が休眠口座の預金を休眠口座基金へ渡します。実際に社会事業への貸付を行うのは、休眠口座基金です。既に4件の貸付実績がありますが、2012年4月にBig Society Capital Ltd.が営業を開始し、活動が本格化しました。

【トピックス】

韓国でも社会福祉に活用

韓国では、2008年に「休眠預金財団」が設立。
イギリス、韓国共に、休眠口座を国民がネットで簡単に検索できるITシステムがあり、一括管理されています。

【トピックス】

ページの先頭へ戻る

休眠口座白書 Slideshare

休眠口座白書(Slideshare)

動画で見る休眠口座 YouTube

休眠口座を知っていますか?

休眠口座を知っていますか?

最新のお知らせ

11月07日

◎休眠預金法案成立まで、あとわずか!緊急院内集会のお知らせ

10月26日

休眠預金に関する意識調査ー回答者の6割が原稿法案に賛成

10月13日

休眠預金を活かして日本の新しい未来を創造するための意見交換会開催のご案内

休眠口座トピックス

8月06日告知ピックアップ

休眠預金未来構想PF 第4回全体会合の開催について(告知)

7月06日ピックアップ報告

休眠預金未来構想PF 第3回全体会合の開催について(報告)

6月09日報告

休眠預金未来構想PF 各分科会の開催状況について(報告)

Twitter #休眠口座