休眠口座について考えるための情報サイト kyumin.jp

休眠口座に関するお知らせ

11月07日

◎休眠預金法案成立まで、あとわずか!緊急院内集会のお知らせ


┏━・‥...━━━━━━━━━━━━━━◆ 
休眠預金活用法案 緊急院内集会のお知らせ
┃in 東京 【11月21日(月)16:00~】
┗━・‥...━━━━━━━━━━━━━━◆

毎年1000億近く発生する、休眠預金。
現在銀行の雑収入になり埋もれたているこのお金を、「制度と制度のはざ間で苦しむ人々のために活用していこう」と6年前から始まった休眠預金活用の動き。
諸外国ではすでに休眠預金活用は実現され、成果が生み出されつつあります。

そして日本でも、ついに休眠預金法案が臨時国会に提出されようとしています。
しかし短い臨時国会。採決まで辿り着くには、大きな障害がいくつも待ち構えています。

あと一歩。もう少し。
手を伸ばせば届きそうなところに来ている今、市民社会の声を、向かい風を受けて前に進もうとしている議員の皆さんに、届けていこうじゃありませんか!

NPO、福祉・教育関係者、休眠預金活用によって日本を良くしたいすべてのみなさん、ぜひお集まりください!!

----
休眠預金活用法案 緊急院内集会のお知らせ

日にち:11月21日16時〜 (受付開始:15:40)
場所:衆議院第二議員会館 地下一階第一会議室
   東京都千代田区 永田町2丁目1−2


登壇者(予定):
坂井 学 衆議院議員 自民党
山本朋広 衆議院議員 自民党
谷合正明 参議院議員 公明党
岸本周平 衆議院議員 民進党
大塚耕平  参議院議員 民進党
平木だいさく  参議院議員 公明党

コーディネーター:
駒崎弘樹 新公益連盟 代表理事

一言コメンテーター:
鵜尾雅隆 日本ファンドレイジング協会 理事長
大西連 NPO法人もやい 代表理事
などなど、日本のNPO業界を代表される方々が結集予定

10月26日

休眠預金に関する意識調査ー回答者の6割が原稿法案に賛成

大手シンクタンクの三菱UFJリサーチ&コンサルティングが行なった休眠預金に関する意識調査の結果が発表されました。
現法案への賛成が多数、関心事項としては透明性の確保、活用方法としては子どもや若者支援への支持が高いことが分かりました。
調査結果の詳細はこちらをご覧ください。

http://www.murc.jp/thinktank/rc/politics/politics_detail/seiken_160926

10月13日

休眠預金を活かして日本の新しい未来を創造するための意見交換会開催のご案内


┏━・‥...━━━━━━━━━━━━━━◆
┃休眠預金を活かして日本の新しい未来を創造するための意見交換会開催のご案内
┃(仙台(東北)、東京(関東)、大阪(関西)、岡山(中国))
┗━・‥...━━━━━━━━━━━━━━◆

休眠預金活用法案は、超党派議連等での検討が進み、11月に開催予定の
臨時国会での法案審議が期待されています。
そこで、議員連盟の議員の方々から直接法案の内容や考え方を共有いただく
機会を設けることにしました。

当日は、参加者の方々と意見交換を行うとともに、この法案を通じて
社会課題をどのように解決するのか等について、現場で課題解決に
取り組むNPO、公益法人、企業やこうした取り組みを資金的に
応援する財団等と議論できればと思います。

今まさに、ここで意見を伝えることによって、よりよい法案ができます。
ぜひ、NPO、民間公益活動業界をあげて、国民的議論を盛り上げましょう。

★その他の地域での開催についても現在調整中です。追ってご案内申し上げます。
【開催概要】
 ●主催:休眠口座国民会議
 ●内容:
    ・法案要旨説明
    ・休眠預金を活かした社会課題の解決について
      コメンテイタートーク 
      会場ディスカッション・質疑
 ●参加費:無料

<岡山開催:10月15日(木)>

 ●日時:2015年10月15日(木)18:30~20:30(開場:18:00)
 ●会場:旧内山下小学校 (ハイコーチャレンジ!!) 3階 福祉実習室1
  (〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内1丁目2−12)
  http://haiko-challenge.com/
 ●申し込みフォーム:http://goo.gl/forms/NGrRM5pKgQ
 ●定員:50名程度
 ●登壇者:
  谷合正明 (参議院議員・休眠預金活用推進議員連盟 幹事・公明党)
  石田篤史 (公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま)
  西崎 宏美 (認定NPO法人 子どもシェルターモモ)
  石井範子 (NPO法人 ENNOVA OKAYAMA)
  石原達也 (NPO法人 みんなの集落研究所) 
  鵜尾雅隆 (日本ファンドレイジング協会・休眠口座国民会議)
  ほか
 ●後援:公益財団法人みんなでつくる財団おかやま
 ●お問合せ先(受付窓口):NPO法人岡山NPOセンター  npokayama@gmail.com 

<大阪開催:10月19日(月)>

 ●10月19日(月) 18:30~20:30(開場:18:00)
 ●会場:新大阪丸ビル新館 402号室
      (大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27)
    http://www.japan-life.co.jp/jp/conference/map.html
 ●申し込みフォーム:http://goo.gl/forms/dJqAew1xd7
 ●定員:100名程度
 ●登壇予定者:
  岸本周平議員(休眠預金活用推進議員連盟・民主党)
  白井智子(NPO法人トイボックス 代表理事)
  深尾昌峰(全国コミュニティ財団協会 理事長)
  鵜尾雅隆(日本ファンドレイジング協会・休眠口座国民会議)
  ほか

※その他の地域での開催についても現在調整中です。追ってご案内申し上げます。

9月07日

休眠預金に係る法案要綱が議連のHPに掲載されました。

9月2日に休眠預金活用推進議員連盟のHPに法案要綱が出ましたのでお知らせします。
是非ご一読下さい。

http://www.kyuminyokin.net/

5月30日

G8社会的インパクト投資シンポジウムにて休眠預金について取り上げられました。

2015529日、30日に東京証券取引所にて「G8社会的インパクト投資シンポジウム‐社会課題を解決する金融イノベーションのフロンティア‐」が行われました。

経済的リターンと社会的リターンの両方を追求する投資が社会的インパクト投資ですが、シンポジウムでは休眠預金の活用についても重要性が説かれました。

シンポジウム一日目のキーノートスピーチをG8社会的インパクト投資タスクフォース[i]委員のロナルド・コーエン卿が行いました。その中で、休眠預金の活用こそが社会的インパクト投資を促進する上で重要であり、ブースターとなるに違いないと語られました。



[i] 2013G8サミット議長国の英国・キャメロン首相の呼びかけのもと、社会的インパクト投資をグローバルに推進することを目的として創設された。


コーエン卿.jpg


続いて行われた、コーエン卿、国内諮問委員会[i]委員長 小宮山宏氏 と副委員長 鵜尾雅隆氏との鼎談では社会的インパクト投資を日本国内で推進するための7つの提言について発表されました。その中の1番目の提言として、休眠預金の活用があります。



[i]2013G8インパクト投資タスクフォースの発足を受け、日本国内各界有識者が集まり設立。日本国内におけるインパクト投資の機運を高めることを目的として、インパクト投資に関わる様々な事項についての活発な情報共有・議論が行われている。

7つの提言.png


シンポジウム二日目には、「休眠預金の活用」と題したセッションが開かれました。休眠預金活用推進議連の中から、坂井 学氏(自民党衆議院議員)、谷合 正明氏(公明党参議院議員)、岸本 周平氏(民主党衆議院議員)、柿沢 未途氏(維新の党衆議院議員)、NPO及び国民会議の代表として駒崎弘樹氏(NPO法人フローレンス代表理事)が登壇され、モデレーターは藤沢 久美氏(シンクタンク・ソフィアバンク代表)が務めました。

90分のセッションの中で、①休眠預金とは何か、②最適な活用方法は、③法案実現の為の課題について、各政党の議員の方々が議論頂きました。休眠預金の活用実現に向け議員の全員が賛成して一丸となることが決意されました。


休眠預金セッション.jpg


塩崎恭久厚生労働大臣によるクロージングコメントでも、休眠預金の活用について好意的なコメントを頂きました。


塩崎大臣.jpg



日本財団のブログでも取り上げられております。

http://blog.canpan.info/nfkouhou/archive/454

 

国内諮問委員会のウェブサイトでも取り上げられております。

http://impactinvestment.jp/

5月08日

休眠預金活用推進議連 創設記念フォーラムの実施について

休眠預金活用推進議連 創設記念フォーラム
~休眠預金が創造する新たな共助社会~

 年間800億円に及ぶ休眠預金を活用し、社会の課題を解決していこうというムーブメントが高まっています。その象徴として、4月下旬に超党派の議員連盟が結成されました。我々、民間ソーシャルセクター有志によって結成された「休眠口座国民会議」は、この議連結成を祝いつつ、ここから国民的議論を全国的に広げていき、真に国民のためになる法案になるよう、後押ししていきたいと思っています。

そのため、今回「休眠預金活用推進議連創設フォーラム」と称し、広くNPOセクター、金融セクター、ソーシャルファイナンスコミュニティ、メディアの方々と、そして議連参加議員の皆さんと共に議論できる場を設けました。

このお金で「どんな人達を助けていくのか」「どのようなことを大切にするのか」等、話し合っていきたいと思っています。こうした議論の積み重ねが、これから生まれる世界最大のソーシャルファンドのより良き姿に繋がっていくことを、心から願って。

===== 詳細はこちら =====
日時:5月21日(水) 18時~19時半 (19時半から希望者のみの立食懇親会あり)
場所:日本財団(東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル)
費用:無料(懇親会は1人1,000円予定)
定員数:100名程度
■こちらからお申し込みください■ http://goo.gl/iSWcXR

内容:
 ・司会
  ・坂之上洋子(作家・経営ストラテジスト)
 ・基調講演
  ・「休眠預金の社会的活用の構想(仮)」山本ともひろ衆議院議員
 ・パネルディスカッション
  ・コーディネーター:鵜尾雅隆(日本ファンドレイジング協会)
  ・パネリスト:駒崎弘樹(フローレンス)・深尾昌峰氏(京都地域創造基金)・谷合正明議員(公明党)・民主党議員(調整中)・柿沢未途議員(結いの党)・みんなの党議員(調整中)

1月10日

ノーベル賞受賞者ユヌス博士を迎えて、休眠口座シンポジウムを行います。

ノーベル賞受賞者ユヌス博士を招いて、休眠口座シンポジウムを行います。
詳細はこちらをご参照ください。

11月09日

休眠口座白書を公開しました

休眠口座に関してこれまでリサーチしてきた内容を詰め込んだ、休眠口座白書を作成し、公開しました。ページの右上からご覧いただけますので、ご活用ください。

4月16日

休眠口座シンポジウムが記事になりました

先日、大盛況にて終了しました「休眠口座国民会議創設記念シンポジウム ~休眠口座が新たなセーフティネットを創造する!~」の様子が、提言型ニュースサイトBLOGOSにて書き起こされ、記事になりました。

今年2月から政府がその活用を検討した「休眠口座」。休眠口座とは、預金者の死亡などにより長機関にわたって銀行に死蔵されている銀行口座を意味する。これを預金者の権利を保護した上で、奨学金や貧困対策などに活用することを提言する「休眠口座国民会議」が設立され、去る3月24日に創設記念シンポジウム「休眠口座が新たなセーフティネットを創造する!」が行われた。当シンポジウムの模様を書き起こしでお伝えする。(取材・執筆:永田 正行【BLOGOS編集部】、韓国語翻訳:橋本 鮎子) 

続きは以下から。

3月24日

【告知】休眠口座シンポジウム、ニコニコ動画で実況生中継中!

本日13時から行う「休眠口座国民会議 創設記念シンポジウム 」をニコニコ動画で実況生中継します。

ニコニコ動画の該当ページのリンクは以下から。

ブログTOPへ      

ページの先頭へ戻る

休眠口座白書 Slideshare

休眠口座白書(Slideshare)

動画で見る休眠口座 YouTube

休眠口座を知っていますか?

休眠口座を知っていますか?

最新のお知らせ

11月07日

◎休眠預金法案成立まで、あとわずか!緊急院内集会のお知らせ

10月26日

休眠預金に関する意識調査ー回答者の6割が原稿法案に賛成

10月13日

休眠預金を活かして日本の新しい未来を創造するための意見交換会開催のご案内

休眠口座トピックス

2月06日ピックアップ独自記事

休眠預金「未来構想」プラットフォームが設立されました!

1月27日ピックアップ

休眠口座国民会議解散のお知らせ

1月16日ブログ

休眠預金法成立イベント 〜おめでとう休眠預金、そしてこれからどうなる!?〜のお知らせ

Twitter #休眠口座