休眠口座について考えるための情報サイト kyumin.jp

休眠口座トピックス(ピックアップ記事一覧)

10月18日ピックアップブログ

休眠預金を活かして日本の新しい未来を創造するための意見交換会in岡山、昨日開催しました。

第2回の全国キャラバンがここからスタートです。休眠預金活用議員連盟の幹事の谷合参議院議員と国民会議の鵜尾日本ファンドレイジンク協会代表理事が、法案や背景などを説明した上で、意見交換を行いました。

IMG_6988.JPG

コメンテイタートークとして日本のNPOバンクの草分け的存在でありNPOバンク連の創設者でもある未来バンク事業組合理事長の田中優さん、岡山のコミュニティ財団代表であるみんなでつくる財団おかやまの代表の石田さん、児童養護に取り組むこどもシェルターモモの西崎さん、地域づくりに取り組むENNOVA OKAYAMの石井事務局長、岡山NPOセンターの石原専務理事のみなさんから、地域で何が課題になっているのか、休眠預金がどのように地域に変化を産み出す可能性があるのか、どんなことに注意しないといけないのかなどについてご意見をいただき、会場ともディスカッションしました。自治体の方やメディアの方、広島、山口、鳥取の中間支援組織の代表者もご参加いただき、終了後も含め夜遅くまで活発な意見交換ができました。最後には皆さんお一人お一人からもご意見を書いていただきました

IMG_6989.JPG

ご意見のなかでは、児童養護の、現場で行政の、縦割りの狭間に落ちている問題の存在や、養護施設のこどもたちが立ち直ることで将来、しっかり税金を払う人になれば国にとってもいいことなのに、そこが理解されていない。ここを実証することができるモデルを産み出したい。という声や、

貧困世帯の支援は収入向上支援だけではなく、支出を抑える支援をすることでも効果的であり、この資金が活かせると、例えば一回の太陽光温水器設置をNPOバンクで支援して継続的に貧困世帯の支出を減らすといったことも多くの貧困層にできるかもしれない。それは持続性のある生き方でもあると。この休眠預金活用という機会に私たちが新しい未来を発想することが重要であるというお話もいただきました。

IMG_6991.JPG

コミュニティ財団からは、この、資金に地元の個人法人寄付のマッチングを絡ませるなど、地域のアイデアで多様にいかせるようにしてほしいというご意見もいただきました。

谷合議員からもひとつひとつのご意見に丁寧にお答えいただき、「国会の委員会質疑を通じても皆さんのご意見を反映していきたい」と締めくくっていただきました。

この場でいただいたコメント、要望は全てまとめて議員連盟の皆さんにお届けさせていただきます


IMG_6983.JPG

9月08日ピックアップ新聞

休眠預金の福祉利用 早期に

9月8日の読売新聞に休眠預金についての記事が掲載されましたので転載します。
20150908読売新聞.bmp

8月24日ピックアップ新聞

休眠預金法案、提出へ (朝日新聞)

8月22日の朝日新聞に休眠預金についての記事が掲載されましたので転載します。

20150822朝日新聞.bmp

8月20日ピックアップ新聞

自民が異論 不透明に (東京新聞)

8月20日の東京新聞に休眠預金についての記事が掲載されましたので転載します。
20150820_東京新聞_30p社会面.jpg

8月19日ピックアップ新聞

休眠預金活用 共助を厚く多様に (朝日新聞朝刊)

8月19日の朝日新聞朝刊社説欄に休眠預金についての記事が掲載されましたので転載します。
20150819朝日新聞朝刊社説.bmp

8月17日ピックアップ新聞

休眠預金を民間福祉に生かせ (日本経済新聞)

8月14日の日本経済新聞に休眠預金についての記事が掲載されましたので転載します。
日経新聞社説コラージュ済_150814_2.jpg

1月07日ピックアップ新聞

社説 民が拓くニッポン(日本経済新聞朝刊)

本日の日本経済新聞朝刊の社説において、ソーシャルビジネスと休眠預金について掲載されましたので、ご紹介いたします。


150107 nikkei.shasetu.jpg

11月28日ピックアップ独自記事

もうすぐ選挙!各党や政府の休眠預金の検討状況は?

もうすぐ選挙ですね!
この選挙で、休眠預金の活用がさらに良い方向に向かうことを願うばかりですが、ここで各党と、政府の休眠預金活用の検討状況をまとめてみたいと思います。

○自由民主党
昨年度、総合政策集には「休眠預金の活用」が盛り込まれましたが、今回の重点政策には見当たらず・・・

○公明党
公明党政策集「"活気ある温かな地域づくり"をめざして」には「休眠口座資金を活用した社会的事業への支援等の検討」が盛り込まれていますが、今回の選挙公約は未発表です。今後、要チェックです。

○民主党
重点政策(マニフェスト)にガッツリ入っています!

○内閣府
経済財政諮問会議の専門調査会「選択する未来」委員会報告書に「休眠預金の活用」の検討が盛り込まれています!


以上、参考になれば幸いです!

10月12日ピックアップブログ

社会課題解決のための、休眠預金活用の早期実現を求め、要望書を国会議員の方々に渡しました(駒崎弘樹ブログ)

休眠口座国民会議の呼びかけ人でもある、NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹氏が、自身のブログに要望書を議員連盟に提出した記事を掲載しましたので共有いたします。
なお、要望書の全文はこちらの記事からダウンロードして頂けます。

sfurukawa-thumb-600x800-996.jpg



僕が呼びかけ人の1人となっている「休眠口座国民会議」の一員として、超党派の休眠預金活用推進議員連盟の方々(古川元久議員・山本ともひろ議員・坂井学議員)に要望書を提出しました。

この要望書は、同じく呼びかけ人の鵜尾雅隆氏が全国でシンポジウムを開き、NPO・非営利セクターの人々と対話し、そこで頂いた意見や要望が盛り込まれたものとなっています。

そして要望書では、休眠預金活用の早期実現を求めると共に、「ここは外さないで」という大切なポイントを記しました。

11月末まで開催されている臨時国会での法案提出を、休眠口座国民会議一同、強く願っています。
そして休眠預金が社会課題の解決に資するように活用されていくよう、超党派議連の皆さんの動きをサポートしていきたいと思います。

★10年間使われないと、銀行口座は「休眠口座」になります。そこにある休眠預金は毎年800億円生まれ、銀行の雑収入になります。これを、いつでも返還に応じるよう権利を保護しながら、永久に休眠する一部資金を、社会的に厳しい環境に置かれた人々のサポートや、社会課題の解決にために使っていこう、というアイディアを仲間と共に推進しています。(続きを読む)

10月09日ピックアップレポート

どう活かす?休眠預金 ~"民による社会課題の解決"を支える仕組みをつくるために~(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

三菱UFJリサーチ&コンサルティングより、休眠預金の活用についてレポートが出ました。
レポートでは「地域で既に活動している資金仲介組織との連携」や、「得られた資金で何を生み出したかという成果重視の制度設計」、さらには「投資や寄付等の呼び水としての活用」などが提言されています。
概要及び全文はこちらからお読みください。

< 前のページへ      ブログTOPへ      

ページの先頭へ戻る

休眠口座白書 Slideshare

休眠口座白書(Slideshare)

動画で見る休眠口座 YouTube

休眠口座を知っていますか?

休眠口座を知っていますか?

最新のお知らせ

9月03日

休眠預金未来構想プラットフォーム アドバイザリーコミッティメンバーを公開しました。

2月06日

休眠預金「未来構想」プラットフォームが設立されました!

11月07日

◎休眠預金法案成立まで、あとわずか!緊急院内集会のお知らせ

休眠口座トピックス

1月02日ピックアップコメント

「資金の活用の成果に係る評価に関する基本的考え方について」へのコメント

12月22日ピックアップ報告

休眠預金未来構想PF 第5回全体会合の開催について(報告)

10月20日ピックアップ告知

休眠預金未来構想PF第5回全体会合の開催について(告知)

Twitter #休眠口座